FC2ブログ

琉球八社 天久宮

さてこの日の琉球八社巡りの最後は「天久宮」です。
泊の外人墓地の裏手にその社は鎮座しています。

通りに面して鳥居があり、そこが駐車場になっています。
そこには小さな御嶽があり信仰の場所となっていました。

琉球八社 天久宮 ご朱印

脇にある階段を下りると社務所、拝殿・本殿があり、その奥に権現堂がありました。
社自体は非常に質素で素朴な感じがします。

琉球八社 天久宮

さらに階段を下りると御嶽があり、泊龍宮神(弁天負泰彦大神)が祀られています。

琉球八社 天久宮

他に見られない様な形式を感じられましたが、沖縄県神社庁のHPによる由緒には以下のように説明されていました。
「昔、銘苅村に銘苅の翁子という者がいました。
ある時、夕暮れの頃、天久野に威儀を正した法師を従えた気高い女人が山上より下って来るのに出会いました。
中腹には小洞窟があり、そこには井戸があり、水が湧き出て流れていました。
翁子が法師に女人が何者かを尋ねると、法師は、自分は山の中腹に住んでいて、女人は山上の森に住む者で名乗るほどのものではないと答えました。
翁子は不思議に思い気をつけていると、ある時、女人が洞窟に入る時に、中途で消えてしまうのを見ました。
翁子は驚き、事の次第を王の臣下に伝えました。
伝え聞いた時の王はその虚実を確かめようと役人に命じて洞窟に向かって香を供えたところ、それが自然に燃え出しました。
そこで洞窟の外に社殿を造営して祀ることにしました。
その時に神託あり、『我は熊野権現なり。衆生の利益の為に現れたり。かの女人は国家の守護神なり。弁財天である。衆生は神変の加護によりて妄念を解くことができよう』と。
昭和19年の空襲により社殿は焼失しましたが、戦後、御嶽形式により奉祀されています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 琉球八社  天久宮  ご朱印  沖縄  那覇市 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ