FC2ブログ

禾乃登(こくものすなわちみのる)

今日から二十四節気「処暑」の末候(第48候)の禾乃登こくものすなわちみのる)に入りました。
稲が実り、その穂を垂らす頃です。待ちに待った収穫ももうすぐです。
「禾」という漢字は稲穂が実ったところを表す象形文字だそうです。日常ではあまり馴染みのない字ですね。

禾乃登 こくものすなわちみのる 稲穂

カレンダーも9月に入り和月名では「長月」。
ちなみにこの長月、諸説ありますが一般的には「秋の夜長月」を略して「長月」なったようです。
他には「秋の長雨月」、「秋の穂長月」から来ているという説もあります。

9月1日は関東大震災が発生した日で、それにちなんで「防災の日」が制定されました。
この時期、よく耳にする言葉で「二百十日」「二百二十日」がありますが、立春から数えて210日目、220日目のこの時期、農作物に甚大な影響を与える台風に見舞われることも多い頃です。このふたつと合わせて八朔が農家にとって三大厄日として戒められています。

台風 二百十日 二百二十日

全国各地で風を鎮める「風祭り」が行われ、現在でも連綿と各地に残っています。
中でも富山県の「越中八尾おわら風の盆」は、哀愁を帯びた胡弓の音とともに越中おわら節に乗せて、目深にかぶった編み笠の男女が古い街並み踊り歩きます。その独特な風情から多くの小説や歌の題材にもなっています。

越中八尾おわら風の盆

最近の異常気象の中、各地で自然災害による甚大な被害が発生しています。「防災の日」にちなんで常に「命を守る防災」ということを常日頃から念頭に置いておきたいものです。
そしてもう一でご家族で「家族防災会議」的な話し合いをもって、以下の点を確認しておいたらいかがでしょうか。
・非常持ち出し袋
・家族の連絡手段
・非難の際の経路と場所
・最終的な家族の合流場所 等々

台風13号が沖縄の先島地方を窺っています。大きな被害、とりわけ人的被害が出ないことを祈るばかりです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 歳時記  七十二候  禾乃登  こくものすなわちみのる  二百十日  二百二十日  台風  風祭り 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ