FC2ブログ

鶺鴒鳴(せきれいなく)

今日から七十二候の「鶺鴒鳴せきれいなく)」です。この頃から鶺鴒がチチクチチクと鳴き始めます。
鶺鴒イシタタキをはじめ、イシクナギイモセドリイワクナギイワクナブリツツマナバシラニワタタキイワタタキカワラスズメオシエドリコイオシエドリ恋教え鳥)、トツギオシエドリツツナワセドリ、など多くの別名を持つ鶺鴒ですが、水辺に生息し日本で普通に見られる鶺鴒は背中は灰色で腹は白い形の良い小鳥です。そして長い尾をよく上下に動かすので見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
その多くはセグロセキレイハクセキレイセキレイのわが国ではこの三種です。

鶺鴒 セキレイ せきれい コイオシエドリ 恋教え鳥

ここでちょっと艶っぽいお話をひとつ。
別名の中でご紹介したコイオシエドリ恋教え鳥)の由来は、日本書紀の中に次のような記述があるからなのです。
イザナミイザナミは子作りの方法が分からないでいると、鶺鴒が現れ尾を上下に振る動作を見せたところ子作りの仕方を知った」
という国生みの伝承からきました。
同様の伝承は台湾の先住民族にもあるそうです。
以前は鶺鴒のその動作は愛くるしくそして可愛らしく感じていたのですが、この話を聞いてまた違ったイメージも持ちました。

さて今日旧暦の8月15日は「十五夜」です。
中秋の名月」とも呼ばれています。
中には新暦の9月15日がその日だと思われている方も多いとは思いますが、中秋の名月は旧暦の8月15日の月を指しているので正確には今日13日が十五夜中秋の名月なのです。
そして十五夜とは新月から15日目の月を言うのですが、実際の新月から満月までは月と地球の公転軌道の関係から14日から16日と若干の幅があり必ずしも十五夜が満月とは限らないのです。
ちなみに今年の満月は明日14日だそうです。

月見 十五夜 団子 ススキ

さて、皆さんの地域ではお天気はどうでしょうかね・・・
窓辺やベランダ、縁側や庭先にテーブルを置いて簡易の月見を設えて、テーブルの上には収穫に感謝するお祭りに因んでお供え物を飾り月の出を待ちたいものです。
ちなみにお供え物は次のようなもので良いのではないでしょうか。

月見団子・・・12個(閏年は13個)また15個の満月のように丸く作り積み上げた団子は米などの穀物の収穫に感謝する意味で

サトイモきぬかつぎ)、サツマイモ・・・十五夜は別名「芋名月」と呼ばれ芋類の収穫に感謝する日でもあります。

ススキ・・・ススキは月の神様の依り代と言われています。本来は稲穂が依り代とされていたのですが、この時期に稲穂が無かったため稲穂に似たススキが代用されたようです。

このように季節の行事を少しだけ取り入れることで季節感溢れた日々を送れるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 鶺鴒鳴  せきれいなく  鶺鴒  セキレイ  せきれい  十五夜  中秋の名月  月見  七十二候  歳時記 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ