FC2ブログ

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

本格的な秋の到来を少しずつ感じさせてくれるこの頃で春分の頃から夏の間鳴り響いたもなりを潜めてきました。

雷乃収声 かみなりすなわちこえをおさむ 稲妻 雷

暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り秋の気配を着実に感じてきます。
そんな時ふと空を見上げると「鱗雲うろこぐも)」。この雲を見ると思わず「秋だなぁ」と口をついてしまいます。

さてこの鱗雲、秋になると空気が乾燥してきて高度の高い上層に雲が出来るため「天高く」の言葉通り秋の空は高く感じられるのでしょう。

鱗雲 巻積雲 いわし雲 さば雲

その中で真っ白な鱗雲は正式には「巻積雲(絹積雲)と言うのですが、いわし、さば、さんまが獲れる時期と重なっているので、鰯の大軍を想起させるため「いわし雲」と呼ばれたり、さばの背中の斑点に似ていることから「さば雲」と呼ばれたりしています。

もう一つ鱗雲によく似ているのですが、もう少しひとつひとつの塊が大きく、少し灰色がかって太陽を遮るような中層に出来る雲は「ひつじ雲」があります。

ひつじ雲

どちらも低気圧や台風が遠くに存在す時に出現する雲ですが、鱗雲は二日後くらい、ひつじ雲は翌日あたりに雨が降ることが多いようです。
時折空の雲を見上げてお天気の予測でもしてはいかがでしょうか。こんな楽しみも「観天望気」のひとつですが、果たしてこの雲と雨の関係はいかに・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 七十二候  雷乃収声  かみなりすなわちこえをおさむ  鱗雲  いわし雲  さば雲  ひつじ雲 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ