FC2ブログ

秋のお彼岸

今日は秋の「彼岸の入り」ですね。
そこで「お彼岸」についての蘊蓄を・・・

お彼岸の由来

そもそもお彼岸春と秋の二回あります。
お彼岸の初日を「彼岸の入り」最終日を「彼岸の明け」と言います。そしてその真ん中の日、「春分の日」「秋分の日」に当たりますが「彼岸の中日」と呼びます。

この彼岸という慣習は、古来からの仏教関連の行事と思われている方も多いと思いますが、仏教の始まりの国インドや日本が多く仏教を学んだ中国には無く、日本独自の慣わしなのです。

まず「彼岸」という言葉の意味ですが、仏教では生死の境を越えて悟りをひらいた者が到達するところが「彼岸」、それに対して煩悩に満ち溢れた現世を「此岸しがん)」という二つの世界があるとされています。
そして「彼岸」は西方に、「此岸」は東方にあるのだそうです。
そういえば「西方浄土」という言葉もよく耳にしますよね。

もともと文化的に神道による「太陽信仰」が根付いていた日本では、太陽が真東から昇り、真西に沈む春分の日や秋分の日は「彼岸」と「此岸」が通じ易く先祖供養によく先祖に思いが届きやすいと信じられてきました。
その上、春の彼岸のころは、種まきの時期、そして秋の彼岸の頃は収穫の時期であることと相まって先祖に感謝しつつ五穀豊穣や自然に感謝する行事として受け入れられ定着しやすかったのです。
そんな意味からも「お彼岸墓参り」ということになったのでしょう。

お彼岸 お墓参り

・墓前の供え物

さて秋のお墓参りのお供え物の定番と言えば「おはぎ」ですよね。
このおはぎは春は「ぼたもち」というなど諸説ありますが、春は「ぼたん」秋は「萩」にちなんで呼び名を変えているのが定説のようです。
豆が自然に感謝しつつ五穀豊穣の意味があるとか、小豆(あずき)自体に邪気を払う力があるとか理由は様々です。

お彼岸 おはぎ

皆さんがお墓参りする時にはお花(供花)もあげますよね。
このお花、秋は彼岸花の季節。
ところがこの彼岸花は供花としては忌み嫌われるようです。
毒のある花、トゲのある花は仏教ではお供えする花としては相応しくないと言われているからです。

お彼岸 彼岸花

その「彼岸花」、全草有毒な多年生の球根植物で、球根に毒があり、経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもあります。
ではなぜ彼岸花と言われるかというと秋の彼岸頃から開花することに由来するというのが定説となっていますが、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもあるようです。また他の呼び名としては「曼珠沙華(まんじゅしゃげ、またはまんじゅしゃか)」は、『法華経』などの仏典に由来するようですがその花は彼岸花と色も形も違うのでこじ付けかもしれませんね。

秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった方々を偲ぶ日」と祝日を定めた法律に書かれているようにこの一週間くらいは敬虔な気持ちで先祖の墓前で手を合わせるのも大切なことと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 秋の彼岸  お彼岸  墓参り  おはぎ  彼岸花  秋分の日  歳時記 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ